薦田典佳 | 人望のあるビジネスマンになる

人から尊敬されるビジネスマンとは

人望のある人はアドバイスが上手

アドバイスというのは求められたら気持ちよく弁舌してしまう危険をはらんでいます。

またアドバイスをされていないのに自分の経験則だけで語り始めるのも、煙たがられる「おじさん」「おばさん」への第一歩です。

アドバイスには相手をその気にさせる良いアドバイスと、相手のやる気を削ぐ悪いアドバイスがあることをご存知でしょうか。

人望を集める人は、アドバイス一つとっても相手のためになるアドバイスしかしません。

忠告と助言、どちらのアドバイスになっているか意識すべき

例えば、貴方は新入社員の教育係を任されています。毎日のように、まだ仕事のできない新入社員たちを細かく指導に勤しんでいました。

あるとき、上司から呼び出されて、このように貴方が注意されたと仮定します。

「君は神経質すぎるきらいがある。それでは周りを萎縮させるから気をつけなさい。厳しい物言いでは人はついてこないよ」

どうでしょうか。このように言われた時、貴方はどのような感情を抱くでしょうか。

「その通りだな」と思うよりも「俺が頑張って新卒の面倒みてやってるのに、なんだよ」というような怒りのような感情を抱くのではないでしょうか。そして、やってられない気持ちになるでしょう。

せっかく自分が忙しい中で新卒の面倒を見ているのに、自分の性格を上司から注意されて嬉しいと感じるわけがありません。

嫌な気持ちになり、仕事に対しての意欲がそがれるかもしれません。「こんな面倒なこと言われるなら、新卒の面倒は適当でいいや」となるかもしれません。

この場合上司からのアドバイスは「助言」ではなく「忠告」だから、嫌な気持ちになったのです。

このように忠告めいたアドバイスというのは、やる気をそいでしまうのです。
もしかしたら上司は親友社員たちから「あの先輩は神経質でやりにくいです」「厳しすぎます」「怖いです」というような嘆願を受けていたから、貴方にアドバイスした「つもり」なのかもしれません。

ですが、上司からそのように言われて「わかりました気をつけます」と言葉ではいいながら、内心で不満を抱くのが一般です。

つまり、アドバイスというのは「忠告」な物言いの場合、相手を「その気」にさせることはできないのです。

正しいアドバイスは相手の批判や悪い点を指摘するのではなく、どうすればいいのかという助言こそ重要なのです。

人望のある人は「助言」が上手

それではもう一度上司と貴方のやり取りを見直してみましょう。

新入社員についキツくあたってしまう貴方に対し、上司が適切な助言をしてくれた場合このようになります。

「君は新入社員に対して細かく指示を出してくれて、彼らも勉強になっていると思う。ただ、彼らもあれでもいっぱしの社会人だからね。プライドというものがあるみたいなんだよ。だから少し優しい物言いをしたほうが、彼らもきっとやる気になると思うんだ」
どうでしょうか。

この場合上司からのアドバイスは「助言」です。

こう言われると貴方のプライドは刺激されませんし、「そうなのか」と受け入れやすくなります。

人望のある人間は、アドバイスに「忠告」はしません。「助言」を活用して人の心を動かすのです。

貴方が部下をもつようになったとき、忠告と助言の違いについて少し考えてみまてください。

人望のある人は小さな約束を守る

約束というのは守らなくては信頼を失っていきます。

あなたは約束は守るほうでしょうか?

それとも気分が乗らない約束は、前日にキャンセルしてしまうタイプでしょうか。

約束は守りましょうと学校でも教わってきたと思いますが、世の中どうしてだか、約束を守らない人が多いです。

酒の席での戯言だから、その時と気分が変わったから、などなど理由はさまざまあるでしょう。

ですが、どのように小さな約束でも、しっかり守る人と、なかったことにする人ではやはり前者のほうが人望を集めます。

小さな約束ほど守ると人は感動する

特に顕著なのが酒の席での約束事。

日本ではお酒の席での約束事は冗談だと捉える風潮が強いです。ましてや酒の力を借りて大きな気分で言ったことを、本気にするのは野暮の極みでもあります。

ですが、だからこそ約束を守るというのは人に大きな感動を与えることなのです。

酒の席の話ですから、「どうせ守られない約束だろう」と相手が思っているにも関わらず、その約束を果たした人物には、非常に大きな感動と尊敬が生じるのです。

誠実さというのは、このような時に人に感動を覚えさせる力があるのです。

小さな約束ほど守る方は、人望を集め、人から感動されます。

逆に小さな約束だからと、気にせずに約束を破る人は、「あの人って口だけだよね」というように失望を集めます。

失望も繰り返し行うことで、相手から最初から期待されない人間になっていきます。

約束を破ることを常習化してはいけません。

むしろどのように些細な雑談の中の話や、酒の席での話でも必ず約束を守る人間になることで、次第に人から「あの人は誠実だ」と思ってもらうことができるようになるのです。

ビジネスの世界での誠実さというのは、非常に大きな貴方の背中を押してくれる力になります。

誰しも誠実な人間と取引をしたいと思っています。

  • 言うことがコロコロ変わる
  • 小さな約束を守らない

そのような人間が言うセールストークは誰も信頼しません。ましては大きなお金が動くような取引においては、真っ先に信頼されずに受け入れてはもらえないでしょう。

まずは小さな約束は必ず守ること。どんなに気分が優れなくても相手と約束した話は守ること。それが人望のある人間になるために必要な努力なのです。

人望のある人はアンガーマネジメントができている

面白くないことや、イライラする事は人生生きていれば誰しも抱く感情です。

怒るなとか怒りをあらわにするな、と言われても、それはどだい無理な話です。

特に相手が不誠実であったり、相手の裏切り、相手が失礼な態度を先にとった場合なんて、こちらには何の落ち度もありませんから怒るのは当たり前です。

ですが、その時の怒り方によって、人望を集める人もいれば、人が離れていく人もいるのです。

人望のある人物になるには「怒り方」を知ること

人が全くよってこない人間の怒り方には特徴があります。

  1. 感情の赴くまま相手を叱責する
  2. 自分の機嫌の悪さのまま必要以上に相手を攻撃する
  3. 相手の人格、家族否定をする
  4. 業務に関係ないないようで攻撃する

このように自分の感情のストレス吐き口であるかのように他人をサンドバックにするような怒り方をする人は、人望は集まりません。

周りからみて、ただのストレス発散のために叱っているのがまるわかりだからです。

また、自分自身の怒りのコントロールが全くできておらず、冷静さに欠け、大人としての振る舞いができていないように見えるからです。

ですが一方で人望を集める人の怒り方は違います。

  1. 冷静に相手の悪い点だけを指摘する
  2. 怒鳴ったりはしない

どうでしょうか。自らの怒りをしっかりコントロールしており、感情のまま相手に怒鳴り散らすようなことはありません。

つまり、人望のある人は自らの怒りの感情をしっかり手綱を握っている大人の振る舞いができることなのです。

もし上司二人が目の前にいて、片一方は自分のイライラした感情を気分に乗せて怒鳴り散らす上司。

もうひとりはしっかりと、部下の悪い点を冷静に指摘し、説明をしてくれ、改善のための方法に導いてくれる上司がいます。

あなたはどちらの上司の元で仕事がしたいでしょうか?

怒りのコントロールは「アンガーマネジメント」といいます。

アンガーマネジメントのための方法や手段などは学ぶことができますので、貴方が一つ上司として正しい怒りのコントロール方法を身につけたいと考えているのであれば、学んで身につけるべきスキルです。

人を動かすには相手の「好物」を餌にする

人をその気にさせるためには、相手が望んでいることを読み解く能力がいります。

  • 相手は何をしたいと思っているのか
  • 相手は何をしたくないと思っているのか

まずこの2点を見抜いていきましょう。

『人を動かす』の著者であるカーネギーは、人を動かす能力を魚釣りに例えています。

「魚を釣るなら自分の好物の事は考えずに、魚の好物であるミミズを付けて差し出すべきである」

確かに言われてみればごもっともですが、多くの方にこの言葉はハッとさせるものがあるのが事実です。

相手を動かすなら相手の「好物」を差し出す

部下を上手に動かす上司は必ず部下が何をしたいと思っているのか、何をしたくないと思っているのかについて考察します。

例えば部下が中々成果を出さないとき、上司としては部下を叱責して何とか動かそうとしたくなるものです。

「君は何でこんな簡単な事もできないんだ!俺は君ぐらいの年齢のときは上司に言われる事は全部メモにとったし、残業をして仕事を片付けるぐらいしたんだぞ!」

貴方は自分の経験を元に部下を叱責したとき、部下には全く響いていない事に気が付くべきです。

部下は「残業をしたくない」と考えており「本当は営業じゃなくて広報にいきたい」と考えているからです。

だからどんなに叱責をされても部下はやる気が出ずに動きません。

部下を上手に操作するためには、部下がやりたいと考えている事を汲んで相手を操作しなくてはいけません。

この場合「君が広報に行きたいと思っているのは分かっている。でも今いる部署で業績が上がらないものを推薦はできない。だからまずは今月の営業成績を達成する事を君の最初の目標として頑張ってみないか。残業も難しいならアシスタントをつけるし業務効率化について意見があれば聞かせてほしい」

このように言われたら部下は、そこまで自分のやりたい事の意をくんでくれる上司の言う事なら、頑張ってみようと思うのです。

人を動かすためには、相手がやりたい事、やりたくない事を「餌」にする事が最も早い操縦方法なのです。

できるビジネスマンはあえて隙をつくる

親しみやすさを人に抱いてもらえる為には、あえて隙を作るというのも良い方法です。

隙を作ると言われると、ピンと来ないかもしれません。

隙と言うのは言い換えれば「突っ込み」を入れられるポイントでもあります。

例えば、服装一つにしても、髪型もピシっと清潔感があり、スーツも綺麗に着こなし、靴もピカピカの人物は好印象になりますが、どこか完璧すぎて近寄りがたいと感じる人もいます。

例えばピシっとした服装をしておきながらも、遊び心のあるネクタイをしたりすることで隙ができるのです。

その隙をみて、人は「親しみ」や「親近感」と言うのを抱くのです。

世の中、何もかも完璧を目指すほうが良しとされるかもしれませんが、実際のところ少し隙がある人のほうが親しみを持たれます。

そのため、人望のある人物つになるためには、あえて人に隙を見せる、隙を残すというテクニックがあります。

完璧すぎると人は粗探しをする

例えば想像してみてください。

お見合いなどで、若く、綺麗で、家事が得意で、正社員でしっかり働いている美人の女性のご紹介があったとします。

非常に完璧な女性です。

そうすると貴方は頭の片隅でこのような感想が浮かびます。

「こんなに何もかも完璧な女性なのに、なぜお見合いをしているんだろう。何かあるにちがいない」

どうでしょうか。

早速貴方は相手の女性のあら捜しをしようと無意識に考えてしまうのです。

なぜなら世の中には完璧な人間なんていないからです。

だから完璧なスペックを見せた相手にたいして「何かあるのでは」と粗探しをしてしまうのが人間の心理なのです。

同じくビジネスの世界でも、仕事ができて、人間関係がよく、上司の覚えがいい後輩が居ると、周りの中で必ず足を引っ張ってやろう、ですとか「あいつはきっとコネ入社にちがいない」というような事実無根の噂を立てる輩がいます。

これは、相手が完璧だから悪いところを探してやろうという心理が働いているせいです。

このような足の引っ張り合いは非常に嫌なものです。

だからこそ、人望を集める人物はワザと相手に「隙」を見せるのです。

例えば「仕事はできるけれど、おばあちゃんからもらったという湯飲みを愛用してる」だとか、「あの人はキリッとしてるけど、ドジをよくやる」というような風です。

一見完璧なのに、どこか憎めないような隙をワザと作る事で、あえてそれ以上の「粗探し」を人にさせないというテクニックがあるのです。

会社で自分の成績が同期よりも抜きんでていて、同期からどうにも煙たがられているというようなシチュエーションにおいて、あえて相手に「隙」を見せるというのは、世の中を上手く泳いでいくための必要のテクニックです。

相手を見下す無意識のジェスチャー

人望の集まらない人の表情や態度についてご紹介します。

前回、無意識でやってしまう「腕組み」に、人を拒絶するサインがあるとご紹介いたしました。

今回は表情についてご紹介します。

口角が下がっている人は「不満」をアピールしている

口角、いつも上がってますか?

自分の表情というものは、毎朝鏡を見る時には特に意識はしません。

そのため、仕事をしている時の自分の顔が、実は口角が下がっていて「不満そう」な表情になっている事に気が付かない方も多いのです。

口角というのは持ち上がっているとこのようなイメージを人に与えます。

  • 機嫌がよさそう
  • 優しそう
  • 心を開いてくれている
  • 話しかけやすそう

逆に、口角が下がっている人にはこのような印象です

  • 不機嫌そう
  • 何か不満があるのでは
  • 怒っているのだろうか?

このように口元の上がり、下がり一つとっても相手に与えるインパクトや印象は絶大です。

先ずは自分の口角が下がり気味か、上がっているかチェックしてみてください。

無表情のまま鏡の前に立ってみてください。それが貴方が普段仕事に集中している時の顔です。その時の口角が下がっているのであれば、これからは口角の筋肉をきゅっと引き締めてあげていく事を意識しましょう。

顎が上がり気味な人は「傲慢」な印象を人に与える

「顎であしらう」「顎で人を使う」という言葉がある通り、尊大で偉そうな態度には「顎」がついてまわります。

例えば上司が「あそこの書類シュレッダーにかけといて」と顎でその書類を指さしたら「イラッ」ときませんか?

これが顎で人を使うという行動です。

顎をあげることで、上から人を見下ろすような目つきになります。つまり、顎をあげるというのはわざわざ相手を見下すためにする行動なのです。

また顎というのは人間の急所の一つのため、それを相手に見せつける事で相手よりも自分が強いと誇示する事になります。

ですが怖い事に、顎を使う人や、顎で人に指図をするひと、目下の人と会話をするときに顎をあげる人というのは存在します。

彼らは頭で理解してそのような行動を取っているのではなく、癖になってしまっているのです。

自分では無意識の行動なのに、他人から見ると偉そうで傲慢、嫌な人という感想になってしまっています。

一方で謙虚なポーズというのは「顎を引く」と言う事でアピールする事ができます。

たとえ貴方がどんなに営業成績や仕事面で評価されても、顎を引いていれば相手からは「あの人謙虚ね」とみられるのです。

顎の位置一つで、表情が大きくかわっえて見えてしまうのです。

人望のあるビジネスマンを目指すのであれば、是非とも顎を引き気味に。

無意識の行動が相手に威圧を覚える事を知る

無意識の行動が人を拒んでいるメッセージを送る場合があります。

  • 会社でも、なんとなく近寄りがたい先輩
  • 気軽に会話しがたい上司

このような人がいます。

何故彼らは気難しく、そして近寄りがたく感じるのでしょうか?

近寄りにくいオーラーを発している人に対して、相談をしたり、気軽に頼ったりすることはできません。

気難しい人は、人望を得にくいのです。

一方で、何でも相談できる上司や、話しかけやすい先輩と言うのも居ます。

人望の集まる人と、人から避けられる人の大きな違いはなんでしょうか。

無意識に腕組みをしている人には人は集まらない

例えばデパートでのエピソードです。

売り場を商品を見ながら歩いているお客様に、店員が声を掛ける場合とかけない場合があります。

その違いは、お客様のジェスチャーを見るのだと言います。

  • 腕組みをしながら商品を選んでいる
  • しかめ面で商品を選んでいる。

このようなジェスチャーから店員は、お客様の「防御の心」と言うのを読み解きます。

話しかけられたくない。

一人にしてほしい。

そのようなメッセージを無意識のうちにジェスチャーとして情報を発しているのです。

そしてお客様の腕組がほどけたり、表情が柔らかくなったタイミングで店員が声を掛けるのです。

このように自分たちが無意識にしている「しぐさ」には様々なメッセージが隠されているのです。

心理学的に読み解けるポーズの意味

腕を胸板前などの高い位置で組む

自らを防御しつつも相手を威嚇するポーズ

強さを誇示している。

胸の低い位置で腕を組む

防衛のポーズ。

拒絶を表している。

腕組みは相手の心理を読み解くために必要なサインの一つです。

人から話しかけられない、部下から頼られないと思っている上司のポーズを良く観察してみてください。

いつも腕組みをしていたり、気難しそうな表情をしていたりします。

つまり腕組みをしている人は、拒絶の信号を他者に送っているのです。そのような人の元に、人望はあつまりません。

もしかしたら貴方が今無意識に行っているポーズに、周囲を威圧したり、拒絶するようなサインを出しているものがあるかもしれません。

一度意識してみましょう。

相手の間違いを指摘して恥をかかせない

気遣いの一つに、相手のメンツを立てる、相手に恥をかかせないということがあります。

具体的にはどのようなことかというと、相手の間違いやミスを指摘せずに気付かなかった振りをするということが時として心遣いになるということを知っておくべきです。

世の中には「正しいことは正しい」「間違っていることは間違いを指摘する」ことが正しいと言われています。

ですが、バカ正直にこのとおりに行動している人は何故だか煙たがられる傾向にあります。

それはなぜでしょうか? それは間違いを指摘することで相手のメンツをまるつぶしにしてしまうからです。

メンツを潰されたほうからすれば、あなたは煙たい存在になり、嫌われてしまうのです。

正しいことをしたのに、とあなたは憤慨するかもしれませんが、人間は感情の生き物。正しいことを指摘されたのに喜ばない人が居るということは知っておくべきです。

知らない振りをする気遣いができる人は人望が集まる

有名なエピソードがあります。宮廷の晩餐会で招待された外国人貴族がフィンガーボールの水をのんでしまいました。

フィンガーボールは、指を洗うためのボールです。その瞬間テーブルについた空気が凍りついたと言われています。

その時、咄嗟に晩餐会を主催した婦人が、同じようにフィンガーボールの水を飲み、ました。

その姿に習って他の貴族たちもフィンガーボールで水をのんで外国人貴族に恥をかかさなかったそうです。

この有名エピソードで、もしも誰かが外国人貴族に対して「あなた、それは指を洗うためのボウルですよ」と指摘していたら、この貴族の面目は丸つぶれになっていたことでしょう。

このように相手に恥をかかせない、メンツを潰さないために、あえて相手のミスを指摘せずに知らない振りをするというのはとても思いやりのある心なのです。

例えばこのエピソードになぞらえて、貴方がいつも相手のミスを指摘して正しているとしましょう。

上司が漢字を間違えて読んでいる。上司が間違えた言葉遣いをしている。

こんな時に「それは○○と読みます」だとか「それは△△です」と大勢の前で指摘したとしましょう。

この場合上司は間違いを指摘してもらい、喜ぶでしょうか?

貴方に感謝するでしょうか?

答えはNOです。

こんなことも知らないのかと大勢の前で馬鹿にされたと相手は受け取るのです。

そしてそんな貴方に感謝をするどころか、イヤミなやつだと嫌われてしまうのです。

人望を集める人間は、相手のメンツや体面を慮った行動をとることができる人です。

時として正しいことを指摘しても、人から嫌われる、うと回れるということもあるのです。

 

相手の立場から物事を見ると世界が変わる

人望のある人間になるためには、自分のことばかり考えているのではいけません。

自分のことばかり考えている人は、まずは相手の立場に立って物事を考えるという練習をしてみましょう。

相手の立場を考えると世界が広がる

例え話をします。

Aさんは営業マンです。毎日時間に追われており、営業サポートのC子さんに次々に見積もり書類の作成依頼をかけました。

ですがC子さんは新入社員のためあまり仕事のスピードが早くありません。

本日欲しかった会議資料が、まだできていないとC子が直前になって報告してきたのです。

Aさんはイライラして「何やってるんだ!」とC子を厳しく叱責しました。

このようなシーンはよくあるものだと思います。

Aさんの立場からすれば、C子に納期を伝えているのだから納期を守ることがC子の仕事です。

残業でもなんでもすれば良かったのに、C子はそれをしませんでした。また直前に出来ていないことを報告してくるのは言語道断です。

ですので、Aさんの立場からC子を厳しく叱責するのは当たり前のことだと思います。

ですが、人望のある人はさらに一つ「相手の立場」の視点について考察をします。

相手の立場で物事を考えると、相手への労わりが生まれる

相手の立場に立つということは、相手の事情を慮るという行動です。

相手からしたら自分の事情を組んでくれる人に対し、信頼感が生まれます。

この場合AさんがC子を頭ごなしに叱責するのではなく、C子の事情を組むとこのようなことが考えられました。
自分がイライラしていたのでC子は相談がしにくかったのではないか?

C子は新入社員なので、納期の大切さについて理解していなかったのではないか?

会議に使用するということをC子に自分が伝えていなかったので、資料の大切さを理解していなかったのではないか?

C子は残業ができない理由があるのではないか?

このように相手の立場について考察をした上でAさんは「何故、納期が遅れることを事前に自分に相談しなかったのか。理由があるなら聞かせて欲しい」とC子に確認しました。

そうするとC子はAさんから次々と案件を振られてパニックになっていた。納期が遅れることに気がついたけれど怖くて相談できなかった、と回答したのです。

ここでAさんが頭ごなしに叱責だけしていたら、今後もC子は同じようなミスを繰り返していたことになります。

このように、イライラしたり、感情のままに自分の立場だけで相手を叱責したり、相手を非難するということは誰でもやっていることです。

ですが、相手の立場に立って物事をみると、深く相手の都合や事情を汲むことができるようになります。

そこに人望というのは集まるのです。

 

人望のある人物になるには

ビジネスの世界では時として仕事の業績よりも、人望によって評価される事があります。

例えば同じような勤務態度で同じような成績のAさんとBさんがいるとき、どちらかを課長に推薦しようと上司は考えている場合を想像してみてください。

AさんもBさんも営業成績は全く同じ。

遅刻、欠勤もなく業務態度は変わりません。

この二人の中から、次の課長を決めないといけないのです。

このように具体的な成績に大きな差がない場合、次に上司の判断基準になるのが相手の人望なのです。

人望というのは、人から尊敬を集めたり、好感を持って迎え入れられる存在のことをいいます。

Aさんの場合は、勤務態度はいいですが業務中はいつもイライラした様子を見せています。ときには後輩に怒鳴ったりもしています。

一方でBさんの場合は、勤務中に時分のイライラした感情は見せませんし、飲み会なども積極的に企画をして後輩の面倒をよく見ています。

上司の視点からすると、甲乙つけがたい業務成績であれば、あとは人望で判断するしかないのです。

結果として昇進したのはBさんということになります。

このように、人望というのは馬鹿にするものではありません。

ビジネスの世界では、人から好かれる要素というものはとても重要な武器でもあるのです。

このブログでは、人望があるという人はどういう人なのか、人が相手を尊敬するとき、「この人はいい人だ」と判断するのはどのような行動なのかについてご紹介いたします。

営業成績は悪くないのになかなか昇進しない

あいつと俺の成績は同じなのに、なぜかあいつばかり評価される・・・・・

このようなシーンに悩んでいる方は、上司、部下、後輩からの人望が貴方自信にないせいかもしれません。

人望を得ることは実はテクニックの1つなのです。

そのテクニックを学び、実践していくことで、貴方の周りに自然と人が集まるようになるのです。