人望のあるビジネスマンになる

人から尊敬されるビジネスマンとは

薦田典佳 | 無意識の行動が相手に威圧を覚える事を知る

無意識の行動が人を拒んでいるメッセージを送る場合があります。

  • 会社でも、なんとなく近寄りがたい先輩
  • 気軽に会話しがたい上司

このような人がいます。

何故彼らは気難しく、そして近寄りがたく感じるのでしょうか?

近寄りにくいオーラーを発している人に対して、相談をしたり、気軽に頼ったりすることはできません。

気難しい人は、人望を得にくいのです。

一方で、何でも相談できる上司や、話しかけやすい先輩と言うのも居ます。

人望の集まる人と、人から避けられる人の大きな違いはなんでしょうか。

無意識に腕組みをしている人には人は集まらない

例えばデパートでのエピソードです。

売り場を商品を見ながら歩いているお客様に、店員が声を掛ける場合とかけない場合があります。

その違いは、お客様のジェスチャーを見るのだと言います。

  • 腕組みをしながら商品を選んでいる
  • しかめ面で商品を選んでいる。

このようなジェスチャーから店員は、お客様の「防御の心」と言うのを読み解きます。

話しかけられたくない。

一人にしてほしい。

そのようなメッセージを無意識のうちにジェスチャーとして情報を発しているのです。

そしてお客様の腕組がほどけたり、表情が柔らかくなったタイミングで店員が声を掛けるのです。

このように自分たちが無意識にしている「しぐさ」には様々なメッセージが隠されているのです。

心理学的に読み解けるポーズの意味

腕を胸板前などの高い位置で組む

自らを防御しつつも相手を威嚇するポーズ

強さを誇示している。

胸の低い位置で腕を組む

防衛のポーズ。

拒絶を表している。

腕組みは相手の心理を読み解くために必要なサインの一つです。

人から話しかけられない、部下から頼られないと思っている上司のポーズを良く観察してみてください。

いつも腕組みをしていたり、気難しそうな表情をしていたりします。

つまり腕組みをしている人は、拒絶の信号を他者に送っているのです。そのような人の元に、人望はあつまりません。

もしかしたら貴方が今無意識に行っているポーズに、周囲を威圧したり、拒絶するようなサインを出しているものがあるかもしれません。

一度意識してみましょう。