人望のあるビジネスマンになる

人から尊敬されるビジネスマンとは

薦田典佳 | 人望のある人は小さな約束を守る

約束というのは守らなくては信頼を失っていきます。

あなたは約束は守るほうでしょうか?

それとも気分が乗らない約束は、前日にキャンセルしてしまうタイプでしょうか。

約束は守りましょうと学校でも教わってきたと思いますが、世の中どうしてだか、約束を守らない人が多いです。

酒の席での戯言だから、その時と気分が変わったから、などなど理由はさまざまあるでしょう。

ですが、どのように小さな約束でも、しっかり守る人と、なかったことにする人ではやはり前者のほうが人望を集めます。

小さな約束ほど守ると人は感動する

特に顕著なのが酒の席での約束事。

日本ではお酒の席での約束事は冗談だと捉える風潮が強いです。ましてや酒の力を借りて大きな気分で言ったことを、本気にするのは野暮の極みでもあります。

ですが、だからこそ約束を守るというのは人に大きな感動を与えることなのです。

酒の席の話ですから、「どうせ守られない約束だろう」と相手が思っているにも関わらず、その約束を果たした人物には、非常に大きな感動と尊敬が生じるのです。

誠実さというのは、このような時に人に感動を覚えさせる力があるのです。

小さな約束ほど守る方は、人望を集め、人から感動されます。

逆に小さな約束だからと、気にせずに約束を破る人は、「あの人って口だけだよね」というように失望を集めます。

失望も繰り返し行うことで、相手から最初から期待されない人間になっていきます。

約束を破ることを常習化してはいけません。

むしろどのように些細な雑談の中の話や、酒の席での話でも必ず約束を守る人間になることで、次第に人から「あの人は誠実だ」と思ってもらうことができるようになるのです。

ビジネスの世界での誠実さというのは、非常に大きな貴方の背中を押してくれる力になります。

誰しも誠実な人間と取引をしたいと思っています。

  • 言うことがコロコロ変わる
  • 小さな約束を守らない

そのような人間が言うセールストークは誰も信頼しません。ましては大きなお金が動くような取引においては、真っ先に信頼されずに受け入れてはもらえないでしょう。

まずは小さな約束は必ず守ること。どんなに気分が優れなくても相手と約束した話は守ること。それが人望のある人間になるために必要な努力なのです。